追悼

f:id:kiyomi:20210118020134j:image
f:id:kiyomi:20210118020131j:image
f:id:kiyomi:20210118020127j:image
f:id:kiyomi:20210118020138j:image

 

あの日から半年が過ぎてしまった。

1人の俳優さんが、亡くなった

どんな絶望を抱えていたんだろうと

思いを巡らせても

どう想像しても

どれだけ時間を費やしても

絶対的な答えは見つからない。

 

助ける事が出来なかったのは何故だろう

2020.07.14は「おカネの切れ目が恋のはじまり」の情報解禁日で

本人のインスタにも「楽しみにしていてください」と書いていたし

前日も笑顔で現場から帰っているし

 

なにより 

世界で演じる事を夢見ていた30歳の彼が

ドラマの収録途中に

ファンが理解出来ないでいる事

 

遡って知る彼の誠実さ真摯さから途中で投げ出す事など想像できないから

自分の忙しさのキャパを超えていたと時々話している

19歳の時の主演作「サムライハイスクール」収録時でさえ

俳優の仕事を辞めて農業高校へ進学するにはと検索していたらしく

少し鬱状態だったんでしょうね。と振り返るインタビューを良く見かけるけれど

その時ですら「途中で投げ出す事なんか出来ないし」と踏ん張ってたのだから

30になって踏ん張らずに投げ出すなんて

どう考えてもわからない。

 

彼は毎日英語で日記を書いていたそうだし

思うに、PCの中かweb上のどこかにそういったものが残されているのだとすると

いつか、誰かが見つけてくれるのかしら。

 

危惧すべきは30年後とかに

「実は」という近しい人達のリークがないように

彼との思い出話をひとつでも今語って欲しいと

ファンは願っています。

 

三浦春馬が残してくれた作品を

そんな思い出話と一緒に愛していきたいと

そう願わずにいられない

 

たまにはどこにも行かない休日を

f:id:kiyomi:20210117191802j:image
f:id:kiyomi:20210117191806j:image
f:id:kiyomi:20210117191755j:image
f:id:kiyomi:20210117191759j:image

 

5日ごとに来る休みの日

前回は夜勤明け日に別府へ巻き寿司を買いに行って、

大分駅に戻って

大分市美術館で開催中のリサラーソン展へ行き

 

翌日は朝から映画三昧(4本見たw)というハードな休みを過ごしたので

昨日はごろごろと、ドラマ「わたしを離さないで」と「僕のいた時間」を一気に見ました。

何度泣けば良いのだろうというくらい泣くドラマを連続で見ていると

特に、「生きている意味」について考えたり。

 

これから老いて行くばかりの人生に夢や楽しみや目標があるのだろうかと

ぼんやり考えても答えが見つかるわけでもないので

ぼんやり生きるんだろうか。

そういうのは、いやだな。

何かを書き始めようかな。

 

 

 

 

僕のいた時間インタビュー

www.cinemacafe.net

 

わたしを離さないで公式

www.tbs.co.jp

 

 

別府「野田商店」の巻き寿司 大葉と大きな玉子焼きが美味しい巻き寿司。

朝8:30からなので、お昼に行っても大抵売り切れているという品です。

別府にお越しの際は是非

www.gokuraku-jigoku-beppu.com

 

リサラーソン展 グッズも充実でした

lisalarson.jp

 

 

 

 

 

比較について

 昔受けたサービス講習会の講師曰く

「今まで受けたサービスの中で一番良い評価をしたものがその人の基準になる」

「そのサービスと比較して劣っていればクレームに繋がるしリピートはない」

等など。

今はもう自営やめたのだけど

これって全てに当てはまるなあと感じるのです。

 

たとえば、焼肉(え?そこ?)

年を取ったからか、焼肉を食べて過去食べた焼肉が思い出されたり。

 

たとえば、イケメン(とは!)

f:id:kiyomi:20210115042332j:image
f:id:kiyomi:20210115042339j:image
f:id:kiyomi:20210115042335j:image
f:id:kiyomi:20210115042343j:image

 

 

あの日から三浦春馬さんの映画やドラマを見ているからか

今期ドラマの「イケメン」括りのレベルの低さよ(そこかー!)

 

そんな中唯一、岡田健史くんが出ているこのドラマを続けて見ようかと

「ウチの娘は、彼氏が出来ない!!」

www.ntv.co.jp

 

あとは「にじいろカルテ」

www.tv-asahi.co.jp

 

井浦新さんが出てるし、北村くんも出ているので。高畑ちゃんも好きだし。

 

 

緊急事態宣言出てしまったから、ドラマの撮影も大変だろうな。。

 

 

そうそう、ウチカレ。ちらっと見始めたのだけど

主人公の作家についた新しい編集者が両手を広げて「おいで」って言うシーンがあって

それはジェシー!と思ったので、演出家の人か脚本家の方に彼のファンがいるんだと思う。

カッコいいんだ。あのシーンは。

 

 

 

 

イケメンとは、どこから見ても隙のない造形美

資生堂ウーノホイップウォッシュ

2013年3月公開だから、撮影したのは22歳の頃かな。

youtu.be

 

 ということは、ラストシンデレラ前。少年っぽさがわずかに残っててでも、男っぽさも出てきた時期かな。美しい。

 

 

映画三昧な日

昨日はお休みで、映画館はしごしたりして朝から映画三昧。

上映時間と終了時間を調べると丁度良い感じだったので4本

お尻痛いですwww

 

 

  • 映画 大コメ騒動
  • 映画 天外者
  • 映画 Away
  • 映画 ネクストドリーム ふたりで叶える夢

 

映画 大コメ騒動

daikomesodo.com

 

 この映画も、製作委員会への出資を見ると富山を中心に、かなりローカルな協賛を得ての映画化になっているみたいでした。

こういう形で映画が出来るって良いですね。しかも、とにかく面白かった。

 

歴史とか史実とか知らなくても立川市の輔さんが文豪(?)として場面の登場人物に関わらない形で語り部となって教えてくれるから安心して観ていられたし、観たあとの爽快感が良かった。

 

富山の漁師町で起こった米騒動を発端に日本中で巻き起こった米価の安定に政府が動いたとは知らなかったな。

 

笑える映画ですが、明治から大正になった頃の貧しさや商売人と庶民の暮らしの格差もあって

天外者をずっと見ていたからか、大正ロマンとは程遠い生活があったことも合わせて興味深かったです。

 

映画 天外者

祭日だったからか、一番小さなスクリーン100席余りかな。でも、かなり観客がいたので驚いてしまいました。大分駅の映画館でこんなに大人数で見るのって久しぶりかも。

 

たぶん、13回目。笑

通いすぎ。ストーカーレベルw

 

でも、上映している間は週に1回でも応援したいと思っているので頑張ります。

というのも、なんと金曜日からは少し大きなスクリーンに移動して

今まで日に2回の上映だったのが3回に増えている!増えている!増えている!(大事なので3回w

 

大手配給会社が付いている訳ではないです。

三浦春馬さん所属のアミューズが製作委員会に出資している訳でもないです。

小さな配給会社が一生懸命にたぶん限られた予算で組んだ広告宣伝と

五代友厚プロジェクトの方達のご尽力と、きっと三浦春馬さん翔平さん、西川の兄貴のファンをはじめその他キャストのファンの方が足蹴く通っているからかな。と思わずにいられないのです。

 

もちろん、何度か映画の脚本や時代背景や史実と違う点を書いてきたのだけど。

やっぱりこの映画天外者がきっかけになればとの思いは届いているから響いているから

その後の読書のきっかけにもなっているし。

 

また、今日知った情報によると、田中監督と殺陣師の中村様が大学で講義を行った様子がユーチューブにアップされていました。

www.youtube.com

 

中で、三浦春馬さんが五代友厚銅像のポーズから殺陣を作れないかと提案したそうで。

本当に、なんてことなんだ。知れば知るほど、彼がこの映画にかけた情熱が今頃になって知れるなんて。観て泣いてしまった。

 

まだ上映があるから、また休みの日に見に行く予定です。

 

 

映画 Away

away-movie.jp

 

美しい。美しい。かなり美しい。

物語は、1人の少年?がたぶん飛行機事故でパラシュートで脱出してからの物語。

ただ、キャプチャという表現とアイテムを拾って進むRPGぽい作りです。

追いかけてくるのは死神かな。デイダラボッチのような感じ。命を吸い取る風。

たぶん飛行機事故で1人生き残った風。

 

湖をリフレクションで走るシーンも素晴らしく美しい

 

リトアニアのアニメーターがたった一人で仕上げた作品らしいので

それも含めた評価になったのかなと思った作品。

正直、わからなかった。

 

 

映画 ネクストドリーム

 

twitter.com

 

プラダを着た悪魔が大好きなわたしとしては、外せなかった作品。

だけど、むぅ。。。期待が大きすぎた感じ。

で?新しいミキシングでアルバム出したの?(わからなかった)

しかも主人公のグレースとの成功なのかと思いきや

あわわわわ。な感じで。

勝手に妄想してから観る映画ではなかったです。

 

主人公は可愛かったから許す。

 

 

そんな一日。

 

 

 

 

 

本 長崎海軍伝習所の日々

映画「天外者」からの波及でこの【長崎海軍伝習所の日々】を読み始めました。

 

f:id:kiyomi:20210109234902j:image

 

f:id:kiyomi:20210109234916j:image

発売当初の切り抜きが挟まってました!

得した気分

こちらは絶版かな?中古でも1000円近くなお値段でした。

 

 

カッテンディーケ著書 彼は実際に2年間日本の長崎に住み指導にあたったそうです。

 

来月長崎へ行くので過去の長崎の様子も気になるし。

 

五代友厚は一期生で長崎海軍伝習所に所属したらしいというのは、前に読んだ本で認識ずみ。

まだまだ前半なのだけど、長崎の町並みの様子や寒ささえなければ永住しても良いと思ったという自然豊かな風景の描写はなかなかに素晴らしい内容です。

翻訳家の方の文章がとても読みやすく読み勧めています。

 

少し気になる記述が

長崎の花町(いわゆる遊郭)で勤めていた遊女について

映画では字を覚える事を「遊女が字を覚えて何が悪い。本を読みたいんだよ。世の中の事が知りたいんだよ。夢見たっていいじゃないか」と、はるがタンカ切る場面があるのだけど。

(どうしてもあの前半が納得いかないのであった。申し訳ない)

 

長崎のに存在したのは太夫と平八(これは長崎方言で、安女郎)の種類があって

主に平八は誰かれ構わず客さえあればよい。という風で呼ばれていたらしい。

ただし、この種の女は、長崎市内では許されておらず藩境の地方にごく少数住んでいて隔離されたすこぶる賤しい階級だったとあります。

とうことは、長崎の花町の遊女は太夫であったと解釈。

 

だとするとこのカッテンディーケが見た太夫とは、

(文中より)

賤しまれるよりも、その両親の罪。両親が貧苦のあげくまだ年端もゆかぬ養女の頃に妓楼に売り飛ばされた子供達の事らしく

それでも、姉妓は読み書き三味線その他女一と通りを見に着けさせたそうで、15,6になれば一本立ちの太夫になり、年期の明ける25歳になるまでは妓楼に勤めなくてはならないしきたりだったようです。

が、一定の身受け金を支払えばそれ以前でも抜ける権利を持っていて、たいていは家政婦として買われていき、25歳まではそのままに過ごしてしまう。

25歳になれば、再び妓楼に帰るも帰らざるも自由であった。と書いています。

しかもたいそう役にたったので、大切に扱われたと。

 

遊女の印象は江戸のそれとはまるで違っていたのですね。

脚本家の方の時代検証はなされた映画だったのかどうか

好きだからこそ疑問に思えてしかたなかったから納得です。

 

長崎の花町は五代友厚らが通っていた頃、映画にあるような風情ではなく

きちんとした太夫が鎮座していたに違いないと。

そんな事にこだわってしまうのも、そののち正子との間には子宝に恵まれながらも

再婚した豊子との実子に恵まれず、養女や養子を受け入れた五代友厚さんの豊子との間にある信頼関係を信じたかったから。

 

 

映画のストーリーは大事。

だけど、事実だけでも映画は作れたはず。と思ってしまうので

五代友厚プロジェクトの皆さんにも葛藤があった脚本だったのではと思ってしまいます。

 

 

富国強兵を志すきっかけを想像するに、勝海舟との出会いも大きくまた島津斉彬の影響も西郷隆盛との影響もあったに違いないと思うんですよね。。高杉新作とも知り合っているし。

 

 

+++また長くなっちゃった+++

 

読み終えるまでここに書き足していきます。

 

映画 海賊とよばれた男

ネットフリックスで公開されているということで見ました。

 

f:id:kiyomi:20210108025314j:image

 

あの時熱心に上下巻一気に読んだ記憶がある。

永遠のゼロの時もそうだけど、実写化はなかなかムツカシイものがありますね。

ただ、映画自体は良かったです。

日章丸事件も戦後引き上げてきた店員を誰一人切ることなく別事業にあててでも雇いきっていた事も描かれていましたし。

2時間25分あっという間でした。

 

2016年公開時なにしてたんだ、あたし。。謎だ^^;

 

 

本 薩摩藩英国留学生

映画天外者に通いつめていますが。

まだ見ていない方がいらっしゃったら

ある程度の予習は必要かと思います。

そして、史実とそうではない部分の見極めも大事かと思います。

 

そう。好きで見ている映画だからこそ知っていただきたい。

 

遊女はるは架空の人物です。

おそらく、五代友厚(才助)に芽生えた富国論を決定づけるエピソードが必要だったんだと思うのだけど、そうじゃない。そうじゃないよと思わずにいられない。

 

恋事はなくても良かったんです。この映画には。

母を想う気持ちと、妻豊子を想う気持ち、それから子供達への愛を描くだけでも十分に五代友厚を描けたんじゃないかと想います。

 

そして、映画で描かれなかった金銀分析所設立からの鉱山王として

それから、力を入れた活版印刷(日本で始めての英和辞典出版)

それから、失敗してしまった藍染

そして、名だたる大阪の実業家と設立した会社を回想シーンとテロップだけでも入れて欲しかった。

 

そういう史実をすっ飛ばして家の権利書はどこだ!と箪笥の引き出しを捜すシーンは

ただの「お金のやりくりも出来ずにお金を借りるから借金が残ったの?」という印象になってしまう。残念すぎる,,,

借金は藍染事業がうまく行かなかったのが原因です。

それまでは、官に戻るよう促されても「それほどの資金では成すべき事ができない」と断るほどだったエピソードが新五代友厚伝に記されていました。

もっとなんとかならなかったものか。。。

それから、疑われた北海道開拓使官有物払下げ事件に少しでも触れると

あの演説のシーンも嫌われて(妬みの感情)いた意味も理解できた。

 

そして捕虜になって長崎に戻り匿ってもらいながら書いた五代友厚上申書により

薩摩チルドレンを率いて留学し、パリ万博への出展を契約した事などを盛り込んで欲しかった。

 

 

+++前置き長くてすみませんw+++

f:id:kiyomi:20210108021000j:image

 

そんなわけで、より知るために「薩摩藩英国留学生」という本を取り寄せました。

もう絶版になっているのかな。新書ではなく中古で購入

 

中には早々に、てんがらもんと呼ばれていたエピソードなどもあり

それから、細かに追いかけた薩摩チルドレンのその後も書かれていて

幼少時受けた武士と留学してから影響された西洋人との思想の挟間で揺れながら過ごしたその後

不幸にも行き倒れのように最期を遂げた人も

または、日本に帰らずアメリカで葡萄酒王と呼ばれるまでに活発な経営をした人もいて

 

激動渦巻く中生きた若きエリート達の運命に翻弄されながらも

自分達の生きている意味を模索していたのではないかと感ずるエピソードもあり

読んで良かった本でした。

 

 

映画天外者では今上映後数分だけ特別映像が足されています。

 

中でも、ラストの演説シーンに集まってくださったキャストとエキストラの方へ少し照れながら

でも、参加される皆さんへの配慮を込めた挨拶をするいたって普通の、ごくごく普通の29歳の三浦春馬さんと五代友厚になった演技とのギャップに泣けてしょうがない。

 

彼はなぜ...と 

どうしても考えてしまうので

映画館を出てからはずんずん無心で歩いて家に帰るようにしています。

 

あと1回だけ見に行こう。

f:id:kiyomi:20210108021016j:image

 五代友厚三浦春馬さんオールアップぜよの記念写真かな。

 

 

f:id:kiyomi:20210108021026j:image

 この服はグラバー邸を訪れた時かな。

グラバーを演じられたロバートアンダーソンさんのインスタから

 

それにしても、この時代の男性の洋装が好きだわ。

白シャツにリボン(ネクタイってこの頃はまだなかったのかな)

ふんわりしたスカーフっぽいものを着けていたりもするし

帽子も懐中時計もスリーピースもコートも素敵。

衣装さんや円卓にならぶ伊万里焼等小道具さんのの素晴らしいお仕事も必見です。

 

 

 

そうそう。あの時代、ひらがなってあったの?←調べようっと♪