あした世界が終わるとしても

壮大で独特な世界観

でも最近増えてるテーマではある。

 

イルマーレ見てない人は見て!

www.amazon.co.jp

 

 

時空を超えると言うこと

子供の頃 ドラえもんで知ったパラレルワールド

眉村卓さんのなぞの転校生

筒井康隆さんの時をかける少女も大好き

アップルシードは今もBlu-rayで持ってる

 

---ココからはネタバレあり---

 

 

パラレルワールドで二つの国に生きている人間の生命が完全にリンクしている世界

向こうで死ねば、こちらでも死ぬという

こちらの世界では「突然死」が問題になっていて

主人公の母親も突然死で亡くなっている。

 

というのがベースですね。

 

 

お仕事が忙しかった父はほとんど家に帰っていない

幼馴染の女の子は主人公の事が好き

主人公も大好きなんだけど、勇気がないから言えないでいる。

その彼女がやはり突然死して腕の中で息を引き取る

 

ここらあたりがエピローグ

 

そんな土台ありでも

ちょっと!ちょっと待て!って思っちゃった。

 

もし もう少し妻を突然死で失った研究者としての父の苦悩と研究に明け暮れる日々の描写や

パラレルワールドを引き離す原理の発見なんかが描かれていたらって思う。

 

それにしてもあんみょん!挿入歌は良い!

めっちゃ良い!

 

あの動かない5人の若者の日常シーンの見せ方は本当に良かった。

 アレありきで もう少しそれぞれの感情が描かれていると。

 

戦闘シーンはモーションキャプチャ作られていると言うことだったけど 人間じゃないって思えるくらいに凄い動き。

 あとね、色。

これはもう 監督に見えている世界なのかな

艶やかでどこまでも美しくて無機質でありながら静と動の瞬間に息をするのを忘れるくらいに美しかった。

 

 

 

何話かに分けてもっと丁寧に描かれていれば、良かったのにと思いました。

特に、大人が勤める一般企業に総理から直に電話があるなんてw

(この部分は、目を瞑ろう)

 

 

ひとーつ!

お風呂のシーンも綺麗!ってか

しずかちゃんかよっって思ってしまってすみません。

 

あのシーン必要なのかな。

バックドラフトの(必要?なエッチシーン)あの違和感を思い出すw

 

最後に!

徹夜明けで観る作品ではない。(途中3回ほど気を失って爆音で目が覚めた)

 

 

 

 監督が描きたかったもの。

わからなかった。